弥生販売14プロ (2ユーザー版)での設定トラブル

弥生販売14 プロ(2ユーザー版)を購入したが、クライアントPC(子機)からサーバーPC(親機)に接続できないとのトラブルで某事業所様へ出張サポート。

この弥生販売14プロ(2ユーザー版)は、サーバーPCへデータベースをインストールすることで、2台同時に販売データの入力が行えるという優れた機能が付いております。

yayoihanbai14-01_.jpg

その機能を利用するためにはクライアントPCからサーバーPCへデータベースを読みに行けるよう設定してあげなければいけません。

お客様にてソフトウェアのインストールおよびデータベース(Microsoft SQL Server 2008)のインストールまではお済でしたので、後は接続できない原因を調べるだけです。

このようなトラブルシューティングは新規のセットアップに比べ当方は大好きなのですが、お客様の立場を考えるとあまり声を大にして喜ぶことはできません。

通常今回のように2台のPC間で接続や共有が行えない場合考えられる原因として真っ先に挙げられるのは、

・サーバーPC側のファイアウォールの設定

案の定Windowsファイアウォールの設定にMicrosoft SQL Server を許可リストに登録することでトラブルが解決できました。

今回は2台のPC間で既にファイル共有が問題無く出来ていたため、お客様もまさかファイアウォールが原因だとは思わなかったそうです。

便利な機能であるファイアウォールですが、正しく設定を行いませんとトラブルに直結します。

くれぐれも扱いにはご注意ください。

料金は、60分以内の作業ということで 6,300円 となりました

弥生販売・弥生会計・弥生顧客の設定で困ったら
パソコン修理はPCわんだ

栃木県宇都宮市のパソコン修理はパソコンサポートPCわんだ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ