茨城県ひたちなか市 起動しない富士通製一体型PC FH77/HD HDD交換修理

悲しきかな海無し県の栃木県

全国には海無し県が8県あるのですがその一つに我らが栃木県も含まれています。。。。

その栃木県民ご用達の海水浴場はお隣茨城県にあります。

1280px-Ajigaura_Beach_02.jpg
茨城県をはじめ北関東を代表する海水浴場 ” 阿字ヶ浦 ”

海無し県である栃木から最も近い海水浴場ということで多くの栃木県民がお世話になっております。
かくいう私も毎年お世話になっている場所でもあります(^^)

ひらがな市名の先駆けでもあるひたちなか市
茨城県は他にも 「 つくば市 」 、「 つくばみらい市 」 、「 かすみがうら市 」と計3つのひらがな市を有しております。
それに対して栃木県は 「 さくら市 」 の一つのみ。。。 。゚(゚´Д`゚)゚。

そもそもひたちなか市は 「勝田市 」 「 那珂湊市 」 と別々の市でした。

1994年(平成6年)に2つの市の合併によって誕生した市になります。
この10年後に全国的に相次ぐ平成の大合併があったことは記憶に新しいことかと。

 
1200px-Katsuta_Station_east_side_20170603.jpg
かつて存在した勝田市の玄関口となるJR勝田駅

勝田駅周辺には日立関連の企業が多くあることから日立の企業城下町とも言われています。

合併後もひたちなか市の玄関口として機能しており、首都圏から発車される列車の行先名には「勝田行」と
なっているものもあります。
これは勝田駅近くにJRの車両センターがあるからなんですね。

NakaminatoStation_20110501.jpg
こちらはかつて存在した那珂湊市の玄関口となる那珂湊駅

JRではなく 『 ひたちなか海浜鉄道 』 という私鉄の駅になります。

那珂湊のシンボルである漁港にも近く駅に降りたつと情緒ある磯の香りが漂います。
また駅舎の南を流れる那珂川を渡れば観光で有名な大洗町がすぐ目と鼻の先なんです。

今回はその茨城県でも太平洋に面したひたちなか市にお住いのお客様より修理のご相談をいただきました。


茨城県ひたちなか市 (ひたちなか市公式サイト)

栃木県のお隣茨城県
海に面したひたちなか市にお住いのお客様からパソコンのトラブルについてメールでご相談を
いただきました。

「 パソコンが起動しなくなった 」
「 データのバックアップも取っていない 」
「 TV機能が付いたパソコンなので故障してからTVも視聴できない 」
...とメールの内容からもかなりお困りであることは明白でした。

TV機能を搭載したパソコンは場所を取らずにこれ1台でオールインワンで済むためワンルームのアパートに
お住いの方や単身者には重宝するものとなっています。

しかし今回のような起動トラブルや故障が発生するとパソコンも使えない、TVも使えないと二重苦に陥ってしまいます。

ひたちなか市までは宇都宮からやや距離もあるため故障したパソコンは郵送で送っていただくことになりました。

IMG_4400.jpg

郵送されてきたのは富士通製の一体型PC

FMV ESPRIMO FH77/HD

2012年の夏に発売されたWindows7を搭載したパソコンです。
驚くのはそのスペック

当時としては最高性能のCPUを搭載し、ブルーレイドライブはもちろん地上デジタル放送/BS/CSと三波に対応した
チューナーを搭載したこれでもかというもの。

ちなみにWindows7は来たる2020年1月14日でサポートが終了することがMicrosoftからも公式にアナウンスされています。

こうなると修理せずに買い替えてもいいのではと思う方もいるはずでしょう。
しかし販売当時にそこそこの価格をしただけにお客様は直して使いたいという思いが強いようでした。

富士通製一体型PC FMV ESPRIMO FH77/HD (富士通公式サイト内紹介ページ)

機器を診断してみると
・内蔵のHDDに異常が見受けられました

...異常と言いましても完全な物理故障までは陥っていないためどうにか記録されていたデータはサルベージ
できそうです。

故障したHDDを交換するために機器を分解していきます。

こういった場合一体型PCは分解が大変なイメージがありますが、分解時のハードルはノートパソコンとほぼ遜色は
ありません。

基本プラスドライバーさえあれば分解できますので。

IMG_4457.jpg
機器を分解するために本体を裏返します。

本体内部を保護しているカバーのネジをドライバーを駆使して外していきます。

IMG_4452.jpg
それほど難なく取り外せた本体裏側のカバーになります。

IMG_4455.jpg
こちらは裏カバーを取り外した本体背面になります。

ここで見えるスチール製のカバーたち

これらもドライバーを駆使して外していきます。

IMG_4445.jpg
取りはずしたスチール製のカバー

エッジの部分は鋭利になっており手を切る恐れもありますので手袋や軍手などをされることを推奨いたします。

IMG_4454.jpg
先ほど外したスチール製のカバーを外すとご覧のようにPCの内部が見えてきます。

中央にある長方形の物体が今回のターゲットであるHDDになります。

IMG_4443.jpg
HDDはマウンターと呼ばれる固定具で本体に固着されています。

これもドライバーを使えば難なく取り外せます。

IMG_4423.jpg
取りはずしたHDD

Seagate製のHDD Barracuda ST2000DM001

ちなみに故障しています。
※軽度の物理障害

この取り外したHDDからデータをサルベージするために次の作業に移行します。

ここで嬉しい誤算が!!

HDDの故障の度合いが予想よりも低かったため新しいHDDへは記録されているデータを丸ごとコピーできそうです。

IMG_4424.jpg
こちらが交換用に用意したHDD

元々搭載されていたSeagate製ではなく、WD製のWD20EFRX

WD製でも定評のあるサーバー用途に特化した高耐久性を売りにした赤ラベルになります。

IMG_4444.jpg
故障したHDDから新HDDへデータを丸ごとコピーしマウンタを装着し本体に組み戻していきます。

IMG_4460.jpg
分化したパーツをすべて組み戻し動作確認をするために電源オン!!

さぁどう出るか!?

IMG_4462_20190522003800328.jpg
「 ようこそ 」 の画面も表示され無事Windowsが起動してくれました。

これまでお客様が記録されていたデータをはじめアプリケーションや各種設定もそのまま生かすことができました。

今回はお客様の申し入れもありWindows7での修理対応を行いましたが、2020年1月にはサポートが切れることが
確定しております。

せっかく修理をされるのであればあこの機会にWindows10へアップグレードをされることを当店としては強くおススメいたします。

※今回のお客様は今年の年末に
「 Windows7からWindows10へのアップグレードで改めて依頼をします 」
とご予約をいただきました。
感謝!!

参考までに今回発生した費用です。
HDD交換作業料   8,400円
(データコピー作業料含む)
交換用HDD(2TB)機器代 10,800円
割引 -1,000円
合計 18,200円
※機器発送時の往復の送料は別途発生いたします。
※機器を発送していただく際は元箱 or 精密機器BOXにて発送していただくことを推奨しております。
 梱包が不十分ですと郵送中にひび割れなどが起きてしまうこともございます。

富士通製一体型PCやノートPCなどの起動トラブルやデータの復旧などで
お困りの際は当店パソコンサポートPCわんだまで気兼ねなくご相談ください!

logo2.jpg

ひたちなか市が全国に誇る観光地といえば...そう 『 ひたちなか海浜公園

驚くことに国営の公園なんですね~

総面積は350haと日本を代表するテーマパークである東京ディズニーランドの約7倍の広さを誇っています。

戦前は陸軍の飛行学校や飛行場、戦後しばらくはアメリカ軍の射撃場として使われておりましたが、
その後返還され現在のような公園として整備された歴史があります。

一年前のGWに足を運んだひたちなか海浜公園
今回はこの場を借りてご紹介させていただきます。

DSC01530.jpg
ひたちなか海浜公園の西口ゲート

国営公園ということもあり駐車場面積も驚きの広さ
その駐車場から比較的近いとされるのがこちらの西口、通称 「 翼のゲート 」 です。

GW期間ということもあり周辺道路は大混雑。
そのほとんどが県外ナンバーときたもんです。

駐車場に入るまでもえらく時間を要しました...

DSC01534.jpg
ゲートを過ぎるとご覧の様な多言語に対応した案内が目に入ります。

一体いくつの言語に対応しているというのでしょうか?

DSC01537.jpg
翼のゲートを過ぎるとまず目に入るこの広がりのある光景

中央の池は西池と呼ばれる人口の池です。

池には霧状のミスト噴水とリング状の直上噴水があり、池を渡るサイクリングコースも設けられています。

GWの時期のひたちなか海浜公園の目玉といえばネモフィラです。

ネモフィラとは??
ムラサキ科ネモフィラ属に分類される植物の一種で北米から中南米が原産とされています。

DSC01668.jpg
園内にはどこまでも広がるネモフィラの青がまるで海を彷彿とさせてくれます。

このネモフィラ目当てに全国からお客さんがアクセスするので半端ない大渋滞かつ大混雑が起きてしまうのですね。。。

DSC01566.jpg

DSC01585.jpg
ネモフィラの小さな花々が夜空に輝く星々の様に点在します。

青い花を見るとついつい青い海や青い空をイメージしますよね。
また青い花には安らぎを与えてくれるという力もあります。

これは青が 「平和 」 や 「 信頼 」 といった印象を与える効果があるからなんだそうでな。

DSC01609.jpg
多くの人を魅了する青いネモフィラの花々

普段目にすることの無い植物だけにみな足元のネモフィラに興味津々です。

DSC01646.jpg
手前にはネモフィラの青、遠くには青い海が広がる光景

青と青が織り成すオンステージに感激

DSC01692.jpg
小高い丘陵になっているネモフィラの山

通称 ” みはらしの丘

その先には青い空が広がっています。

海と空に対してさらに青を演出してくれるネモフィラの青

まさに世界が青に変わった一コマでした。

ここまで青に魅了される施設は日本でもそうそうないと思います。
素敵な青の演出をしてくれたひたちなか海浜公園に感謝!!

冒頭でも紹介したとおり東京ディズニーランドの約7倍もの広さを誇るひたちなか海浜公園

広い園内には植物だけでは無く、お子さん連れにも喜んでもらえるような施設もございます。

DSC01728.jpg
歩を進めると視界に入る巨大な観覧車

そうここはひたちなか海浜公園にある遊園地
プレジャーガーデンです。

先ほどの観覧車は園内の一番人気の大観覧車 「 ブルーアイズ 」 です。
頂上からの眺めは素晴らしいと多くのファンの心を鷲掴みにしているようです。

プレジャーガーデンは広い園内の最南端に位置し、丁度植物を見終えた後に何か変化が欲しいという要望に
応えるにふさわしい立地となっています。

DSC01730_20190520220528b52.jpg
そして遊園地といえば定番のメリーゴーランドも園内にはございます。

お子さんと一緒に遊具に乗り童心に帰ってみるのもいいかもしれません。

DSC01731.jpg
こちらはユニークな気球の形をしたメリーゴーランド。

プレジャーガーデンには他にもアトラクションが多数あります。
他にもパターゴルフなどもありますので植物園なども含めると一日ではとても回りきれない内容となっております。

またプレジャーガーデンのアトラクションを利用する際にも必要となる乗り物券
JAF会員様ですと通常1,100円の料金が900円と何と200円も割引になります。

割引について詳しくは下記サイトをご参照ください!
ひたちなか海浜公園プレジャーガーデンJAF会員割引について(JAF公式サイト内会員優待紹介ページ)


国営ひたちなか海浜公園 (公式サイト)

茨城県ひたちなか市で富士通製PCの起動トラブル、HDD交換、データ復旧で困ったら
栃木県宇都宮市のパソコン修理はパソコンサポートPCわんだ

LINEの友だち追加でお得なクーポンや特典をゲット!
line_qrcode.png
友だち追加

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ