長野県松本市 メルカリで購入したNEC LS150JS1TWのHDD装着とWindows10インストール

いま日本中でちょっとした登山ブームが起きています。
登山の他にキャンプやBBQなどアウトドアの趣味が注目され関連商品を扱うショップは連日大盛況のようです。

登山好きの方にとって外すことができない国内のスポットといえば日本アルプスでしょう。

ちなみに日本アルプスとは太平洋側の静岡県から北上し長野県を介し、日本海側の富山県へと続く
日本有数の標高の高い山々が連なる山脈の総称です。

今回はその日本アルプスでも北アルプス・中央アルプス観光の拠点となる長野県松本市にお住いのお客様から
サポートのご依頼をいただきました。

DSC02081.jpg
JR松本駅前に設置されている時計

” 岳都(がくと) ” の文字が刻まれております。
念のため芸能人のGACKTさんとは無関係です。。。

これは松本市が日本アルプスの穂高連峰や上高地、乗鞍岳、美ヶ原高原など数々の山岳景勝地を有することから
与えられた二つ名のようです。

DSC02073.jpg
また歴史好きの方にも松本は目が離せないスポットです。
国宝である松本城はあまりにも有名ですよね。

駅前には槍ヶ岳開山の祖である 『 播隆上人(ばんりゅうしょうにん) 』 の像がございます。
江戸時代後期に当時難しいとされた信州側から槍ヶ岳を開山したことで聖人扱いされている偉人です。


長野県松本市 (松本市公式サイト)

さぁお客様からいただいたご依頼ですがネットフリマで安く購入したPCを正常に使用できるようテコ入れして欲しい
というものでした。

PCを購入したのはTVでもCMを目にする機会もあり利用者急上昇のフリマサイト 「 メルカリ 」 です。

PCを予想以上に安く購入できたまでは良かったのですが、届いたPCを見てがっかり↓

1. 電源を入れてもWindowsが起動しない
2. そもそもHDDが搭載されていない
3.リカバリーディスクも付属してない

という俗にいうジャンク品
出品者からとすれば 「ノークレーム、ノーリターン」物件

商品の説明欄にはその旨の記載があったようですが、お客様は金額の安さに目を奪われ、ついつい重要な
商品の状態をチェックし忘れてしまった模様。。。

ダメもとで出品者の方に返品交渉を試みたそうですが無下に断られたとのこと...

家族からは使えないPCを買ったことでブーイングの嵐

吹き荒れるブーイングの嵐に耐えきれずにネットで検索してヒットした当店に依頼をされたという背景がございます。

IMG_9312.jpg
郵送で送られてきたPC
梱包はメルカリの出品者が使用した段ボールの再利用。

ECOを考えれば新たに梱包資材を購入せず、このように使用できるものは再利用するという意識付け大事なことだと思います。

PCは2012年にリリースされたNEC の LS150JS1TW
Windows8が搭載されていたモデルになります。

NEC PC-LS150JS1TW (NEC公式サイト内製品仕様紹介ページ)

IMG_9317_20190512003447318.jpg
こちらのPCは色違いで 「 黒 」 「 赤 」 仕様もあるのですがお客様が購入されたのは 「 白 」

汚れが目立つなど避ける方が多いカラーですが、その分中古市場では価格が下落し易い傾向があるというメリットもございます。

搭載されていたCPUは Intelのプロセッサ Pentium B980
Core i3 や i5 でなくとも普段使いなら十分なプロセッサです。

診断の結果HDDを搭載していないことを除いては機械的には問題なさそうです。
PCは中古ですがお客様のリクエストでもっとも消耗する駆動部品であるHDDは新品をチョイス。

IMG_9313.jpg
それではHDDを装着させるために機器本体を裏返します。

IMG_9314.jpg
分解作業の際は必ずバッテリーを外すなど電源を断った状態で行いましょう。

IMG_9315_20190512003513690.jpg
本体裏側右上のネジ止め部分のカバーの真下にHDDを装着するスペースが設けられています。

幸いにもHDDを固定するマウンタとビスは付属していたので一安心。

IMG_9316.jpg
カバーを外しこのスペースへマウンタを装着したHDDを取り付けます。

NECさんのこのモデルはHDDの装着がし易いので助かります。

一部のメーカーさんや機種ではかなり分解しないとHDDの取り外しや交換ができないもののありますからね。。

IMG_9309.jpg
今回急遽手配したHDD

HDD業界での老舗SEAGATE製のHDD
高信頼のBarraCudaブランドです。

IMG_9311_20190512180346a8a.jpg
SEAGATE製のHDD

ST1000LM048

記録容量1TBの2.5インチのHDDになります。

ちなみにHDDよりSSDの方が高速なのですが、お客様のご予算の関係からHDDでのご案内となりました。

とにかくスピード重視というお客様にはSSDでの換装をおススメいたします。

IMG_9318.jpg
HDDの装着を済ませWindowsをインストールするために本体の電源をオンします。

取り付けたばかりのHDDはWindowsはおろか何もインストールされていない真っさら状態
このままではPCとして使用できないためWindowsのインストールが欠かせません。

今回はPCに再セットアップディスク(リカバリーディスク)が付属していなかったため予算の関係から
こちらで用意したWindows10のインストールディスクを用いてWindowsのインストールを行うプランをご提案いたしました。

IMG_9330.jpg
Windows10のインストールディスクから起動させるとインストールの画面が表示されます。

インストールディスクから起動させることに成功すれば、後は画面の指示通りに進めていくだけです。
この場合での最初のハードルはBIOSでの起動順序の設定変更やSecureBootの無効化などでしょうか?

Windows10のインストールディスクはMicrosoftの公式サイトから  『 メディア作成ツール 』 なるものをダウンロードすることで
随時作成することが可能です。

よく
「 Windows10への無料アップグレードの期間は終わってしまったの?」
と仰る方がいらっしゃいますが決してそんなことはございませんのでご安心ください!

ご利用になられるWindows10のbit数の間違いだけないようお気を付けください。

Windows10インストールメディア作成ツールダウンロード (Microsoft公式サイト内)

IMG_9331.jpg
インストールを進めていくとプロダクトキーの入力を要求されます。

これまでのWindowsでは入力しなければ門前払いの如く先に進めませんでした。
しかしWindows10においてはプロダクトキーの入力を後回しにできるんです。

これは朗報といえます。

尚プロダクトキーは殆どの場合インストールするPCに貼付されております。
本体底面などを今一度注目してみましょう。

またWindows8からはプロダクトキーが本体に貼付されなくなりました。
マザーボード本体にキー情報がデジタルでインプットされているのでこの場合はキーの入力はせずとも
ライセンス認証が可能です。

Windows10のインストール時に要求されるプロダクトキーの入力を後回しにする部分は同様ですので参考までに。

IMG_9333_201905120037101e0.jpg
Windows10のインストールも終わりオンラインに接続された時点で自動的にライセンス認証も通ります。

これまでのWindowsと異なりWindwos10はインストールディスクとその後のWindows Updateで大概の
ドライバが自動であたるのが楽ちんでいいですね。

※一部TVチューナーななど特殊なハードを搭載した機種においてはドライバが自動であたらない場合もございます。

これにて1件落着!!

今後のことも踏まえお客様へは作成したWindows10のインストールDVDをサービスでPCに同梱させていただきました。

参考までに今回発生した費用です。
HDD交換及びWindowsインストール作業 8,400円
内蔵HDD機器代(1TB) 6,480円
割り引き -1,000円
計 13,880円(税込)
※機器発送時の往復の送料は別途発生いたします。
※機器を発送していただく際は元箱 or 精密機器BOXにて発送していただくことを推奨しております。
 梱包が不十分ですと郵送中にひび割れなどが起きてしまうこともございます。

当店パソコンサポートPCわんだではネットオークションやフリマサイトで購入されたPCの修理やトラブルにも対応いたします。
家電量販店様では対応不可であっても諦めることなくお気軽に当店までお問い合わせください。

他社様では修理不可、対応不可であっても諦めることなくお気軽に当店までお問い合わせください。

logo2.jpg

さて松本市といえば何を真っ先に思いつきますか?
おそらく歴史好き、城好きの方の多くはこう仰ることでしょう。

「 松本城!! 」 ..と

現存12天守

現在全国には城跡が200以上あります。
そのなかでも江戸時代以前からの天守が現存しているのはたったの12。

その12の選ばれた天守のことを現存12天守と呼びます。
そのいずれも国宝級の扱いを受けております。

今回は松本市をはじめ長野県を代表する現存12天守の一つ
松本城の紹介をさせていただきます。

松本市のシンボルである松本城
かつてはあの武田信玄も居城にしたとされる由緒あるお城です。

DSC02150.jpg
松本市民に愛される松本城ですが、市中心部にはごらんの様な松本城もあるんです。

松本城そっくりの佇まいをしたお店 青翰堂 さん

な・な・なんと!!古本屋さんなんです。

度々TVやマスコミでも取り上げられ第二の松本城ともいわれているほど。

IMG_E1050.jpg
そして松本城に来て目に入るのがこちらの可愛らしいキャラクター

その名も ” アルプちゃん ”

松本市公式のマスコットキャラクターなんです。
名の由来は松本市の背後にある日本アルプスから

ちなみにこちらは松本城仕様の特別バージョンになります。

松本市のマスコットキャラクター「アルプちゃん」 (松本市公式サイト内紹介ページ)

DSC02158.jpg
松本城の入口にドーンと置かれた石碑

国宝松本城天守

と刻まれています。

こちらの石碑は国宝に指定されたことを記念して設置されたんだそうです。

DSC02161.jpg
城内に並ぶ提灯

ここでも国宝松本城の文字を目にすることができます。

これらの提灯が独特の雰囲気を醸し出しており松本城への期待値を嫌でも引き上げてくれます。

DSC02153.jpg
で、でたー!!

観光地では今や当たり前になったラッピングされた自動販売機

もちろん松本城のプレミアム仕様となっております。

DSC02166.jpg
松本城公園から内堀を挟んで眺めた松本城

松本城といえばインパクト大の黒い姿

現存12天守では唯一の黒い天守松本城

天守の背後には日本アルプスの姿も見え隠れします。
冬や初春など季節によっては雪を被った日本アルプスの白と、松本城の黒のコントラストが見るものを
楽しませてくれます。

DSC02173.jpg
内堀を挟んで別アングルからの松本城

五層六階の黒い天守が惚れ惚れするほど美しくいつまでも見ていたいと思わせてくれます。

真っ白な姫路城もいいのですが個人的にはこの黒さ際立つ松本城の方が雄々して好きです。

DSC02206.jpg
公園を西へ西へと進んでいくとこちらの朱色の橋が目に留まります。

松本城埋橋(うずみのはし)

公園と天守西側とを結ぶ橋なのですが、残念ながら渡ることはできません...

お堀には白鳥が飛来しており朱色の埋橋の美しさをよりひき立ててくれます。

DSC02214.jpg
城内にはたくさんの桜が植樹されています。

春になると約300本の桜が咲き誇りその光景は圧巻です。

DSC02217.jpg
松本城公園から天守へと至る橋

橋の両脇には家紋などが書かれた提灯が行儀よく並んでいます。
夕刻になると灯りが燈されロマンティックさを演出してくれます。

この橋を渡ると黒門が観覧者を出迎えてくれます。

DSC02256.jpg
五層六階の松本城

間近でみると迫力もさることながら黒の美しさも目を楽しませてくれます。

う~ん、、眼福♪眼福♪

余談ですが松本城の黒壁は黒漆塗りで、毎年漆の塗り替えが行われているなど手間暇を惜しみなくかけて
いるのだというのですから驚かされます。

DSC02261.jpg
桜と並ぶ松本城

桜の薄ピンクと松本城の黒が見事に映えます。

松本城は思った他外国人観光客の姿も多かった印象があります。
思い返すと欧米系の観光客が多かったかな??

お城が好きなのは世界共通なんですね。
心なしかホッコリさせられました。

季節によって見るものを楽しませてくれる岳都松本市にある松本城

松本へお越しの際はぜひぜひ松本城を観覧されることをおススメいたします。
公園から天守を眺める分には観覧料も掛かりません。
(松本城公園は年中無休24時間開放されています)

私の中の城好きに対する想いに熱い火を付けてくれた松本城には感謝を捧げたいと思います。


現存12天守の一つ国宝松本城 (松本城公式サイト)

長野県松本市でヤフオクやメルカリで購入した中古PCの故障やトラブルで困ったら
栃木県宇都宮市のパソコン修理はパソコンサポートPCわんだ

LINEの友だち追加でお得なクーポンや特典をゲット!
line_qrcode.png
友だち追加

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ